英國戀物語エマ

ユーチューブ, Dailymotion, Veoh 等の無料動画情報サイトからアニメ動画を収集
スポンサードリンク
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/28(土)
故郷へと向かう汽車の中で偶然同席した、ドイツ系の貿易商メルダース家のハウスメイドであるターシャの薦めにより、エマはハワースのメルダース家でハウスメイドとして勤めることとなる。そこで彼女はメイド長アデーレに仕事振りを評価され、彼女の推薦により、メルダース夫人ドロテアの身の回りの世話要員として主人夫妻と共に再びロンドンへ赴くこととなる。

ハワースでも交際があった友人、ミセス・トロロープとロンドンで再会したドロテアは、彼女が息子の婚約発表のパーティーへ出席するのに同行者を探していることを知り、エマをハウスメイドよりも上級の使用人である侍女=レディースメイドとして同行させることを提案した。実はミセス・トロロープの本名はオーレリア・ジョーンズ。彼女はウィリアムの父、リチャード・ジョーンズの妻であり、ウィリアムたち兄弟の母親である。婚約した息子と言うのはウィリアムのことであり、エマを失ったウィリアムは「階級がそれほど大事というなら、一生その上流階級として生き、誰もが認める上流階級の体現者になったら死ぬ時に全部捨てて死んでやる」と決意し、そのために妹のグレイスの友人である貴族の令嬢、エレノアと婚約したのであった。

事情を知らぬまま、オーレリアの付き添いとしてパーティーへ出席したエマはウィリアムと思わぬ再会を果たす。ショックでその場に崩れ落ちたエマが休む部屋を訪れたウィリアムは、彼女をしっかりと抱きしめるのであった。

こうしてお互いの想いを確認し、固い絆で結ばれあった二人だが、厳格なる上流社会と平民との格差は、この絆を試すかのように更なる試練を課していくのである…。(Wikipedia参照)

英國戀物語エマ (第2期) 動画

#01 新しい家(4/16/2007)


#02 月光(4/23/2007)


#03 涼雨 (4/30/2007)


#04 求婚(5/7/2007)


#05 抱擁(5/14/2007)


#06 成功と喪失(5/21/2007)


#07 夕波(5/28/2007)


#08 居場所(6/4/2007)


#09 覚悟(6/11/2007)


#10 窓辺(6/18/2007)


#11 花陰(6/25/2007)


#12 花(最終回、7/2/2007)





スポンサーサイト
2007/07/28(土)
舞台は産業革命華やかなる1890年代、ヴィクトリア朝時代のイギリス、街にはまだ馬車が行き交い、上流社会と平民との間には厳密なる境界があった、階級制社会が根強い頃の物語である。

主人公のエマは、良家のガヴァネス(家庭教師)を引退してロンドンで隠遁生活を送っている老婦人ケリーの下で使用人としての教育を受け、家事全般を一人で取り仕切るオール・ワークス・メイド(雑役女中)として暮らしていた。そこへある日、ケリーの元教え子で有力な貿易商ジョーンズ家の跡取り息子、ウィリアムが訪れる。ウィリアムはそつなく控えめに応対したエマに強い関心を持つ。

数度の思わぬ出会いや連れ立って訪れた水晶宮での一夜を経て、互いに惹かれあうようになったエマとウィリアムだが、2人の恋はケリーとウィリアムの友人でインドの王族であるハキム以外、祝福する者のないものであった。ケリーが亡くなり、訪れたジョーンズ家で2人の身分の差を痛感し、叶わぬ恋であることを悟ったエマは、ウィリアムに行き先を告げぬまま、ロンドンを去る。

一方、エマと行き違いになったウィリアムは、ケリーの友人であるアルからエマの生い立ちについて聞かされる。

エマは、生まれて間も無く両親を喪い孤児になっており、ヨークシャー州の貧しい漁村で叔父夫婦とともに暮らしていた。ある日人さらいにロンドンへ連れてこられ、娼館に売られそうになったが、一瞬の隙をついて逃げ出した。以降数年間、ロンドンの路上で花売りとして生活する日々を過ごす。12、3歳の頃ガヴァネスを引退していたケリーに引き取られ、メイドとしての教育を受けたのだった。また、ケリーはエマの性格を愛し、メイドとしての教育以上のフランス語や文学の基礎なども教えていた。

エマと出会えず帰宅したウィリアムは、ハキムからエマが自分と別れると決意したと聞かされ、キングスクロス駅まで追いかけるが、既に列車は発車した後であった。(Wikipedia参照)

英國戀物語エマ (第1期) 動画

#01 贈り物(4/2/2005)


#02 二つの世界(4/9/2005)


#03 告白(4/16/2005)


#04 ミューディーズ (4/23/2005)


#05 晩餐会 (4/30/2005)


#06 訪問 (5/7/2005)


#07 水晶宮(5/14/2005)


#08 時計(5/21/2005)


#09 ひとり(5/28/2005)


#10 すれ違い(6/4/2005)


#11 過去
(6/11/2005)


#12 スズラン(6/18/2005)






 | Copyright © Youtube アニメ特選 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。